独身証明書の入手方法と信頼度の高い結婚相談所ベスト3!

結婚相談所で婚活する場合、数種類の証明書の提出が義務づけられています。
これは婚活サイトや婚活パーティーにはない特長です。

 

信じたくないことですが婚活サイトや婚活パーティーには身元を偽った人物が参加している場合もあります。

 

その点、身分(本人)証明書や独身証明書などの提出を義務づけている結婚相談所は信頼性と安心感があると言えます。

 

結婚相談所に提出が義務づけられている独身証明書など必要な証明書の入手方法についてご紹介します。

 

結婚相談所の登録で証明書が必要な理由

 

結婚相談所に登録する際に独身証明書などの提出が求められます。

 

身元やプロフィールに偽りがないかを確認するためです。

 

結婚相談所は身元が確かでプロフィールに信頼がおける人物を紹介するために、登録する時に証明書の提出を求めるのです。

 

男性には収入証明書の提出を義務づけている結婚相談所が多いです。

 

職業や収入を偽り婚活をしている男性も少なくないからです。

 

ひどい場合は既婚者であることを隠し婚活サイトやパーティーに参加している人もいます。

 

婚活するのに証明書を入手するのは面倒くさいなと感じる人もいるとは思います。

 

しかし結婚は人生を左右する大きな出来事です。

 

必要な証明書を提出するなどしっかり手続きを踏んでから婚活を始めましょう。

 

結婚相談所によって提出する証明書には多少違いがあります。

 

一般的に求められることが多い証明書は以下のようになっています。

 

・独身証明書
・身分(本人)証明書
・学歴(卒業)証明書
・住民票
それぞれの証明書の入手方法についてご紹介しますね。

 

独身証明書の取得方法


独身証明書を入手する方法は3種類あります。
・窓口で申請して受け取る
・郵送で申請して受け取る
・Grafferフォーム独身証明書請求を利用し受け取る
それぞれの入手方法の流れを解説しますね。

 

■窓口で申請して受け取る方法

申請先は本籍地のある地方自治体の役所となります。
窓口で申請書を受け取り、必要事項を記入し発行手数料を納めるとその場で受け取ることができます。
発行手数料の目安は150円~400円です。

 

■郵送で申請して受け取る方法

独身証明書は窓口で申請して受け取ると大変スムーズです。
どうしても行けない場合は郵送で取り寄せることもできます。
申請先は同じく本籍地のある地方自治体の役所です。
郵送で申請するは場合のデメリットは手間がかかることと、受け取るまでに日数がかかることです。
受け取るまでの目安は10日~2週間程度です。
申請方法の流れは以下のようになっています。
・申請書をダウンロードし、必要事項を記入する。
・本人確認書類のコピーを準備する。
・返信用の封筒を作成する。
・手数料代として郵便局で定額小為替を購入する。
・地方自治体の役所に郵送する。

 

■Grafferフォーム 独身証明書請求を利用する

郵送で取り寄せる場合手間がかかります。
代わりに独身証明書の取り寄せを行ってくれるネットサービスがあります。
ネットから申し込むだけでOKの手軽さです。
1通請求するのにかかる料金は税抜き1980円 です。
クレジットカード決済となります。
面倒な手間が省けるため、それほど高くはないと思います。
申し込み方法を以下にまとめています。
・Grafferアカウントを作成しログインする。
・申請フォームに必要事項を入力する。
・本人確認書類をアップロードする。
・クレジットカード情報を登録する。
以上で手続きは完了です。
その後はGrafferがあなたに代わり独身証明書申請の手続きを行います。

 

独身証明書以外の証明書の入手方法


では次に独身証明書以外で求められることの多い証明書の入手方法についてご紹介します。

■身分(本人)証明書

身分証明書に該当するものには以下のものが該当します。
・パスポート
・健康保険証
・運転免許証
・年金手帳
・住民基本台帳カード など
結婚相談所に提出する際は本人の写真つきが求められる場合が多いです。

 

■学歴(卒業)証明書

最終学歴を証明する学歴(卒業)証明書は卒業した学校に申請し入手することができます。
窓口で申請する方法と郵送で申請する方法とがあります。
1通につき300円~500円の発行手数料がかかります。
郵送で取り寄せる場合は返信用の切手代もかかります。
また受け取るまでに1週間~10日程度かかります。

 

■住民票

住民票票は地方自治体の窓口または郵送で取り寄せることができます。
1通あたり300円程度です。
郵送で申請する場合は、封筒に以下の物を入れ送ります。
・申請書
※地方自治体のホームページからダウンロードできます。
・切手を貼った返信用封筒
・定額小為替(手数料)

 

住民登録をしていない地方自治体に申請する場合は、申請を行う前に1点確認事項があります。
申請を行おうとしている地方自治体が住民基本台帳ネットワークシステムに参加していることが条件となります。
また住民登録をしていない地方自治体では窓口のみで住民票を申請することができます。

 

独身証明書を含む「婚活」に必要な証明書の取得方法まとめ


結婚相談所では身元やプロフィールに偽りがないかを確認するために独身証明書などの証明書の提出を義務づけています。
郵送で取り寄せる場合は1〜2週間かかります。
早目に手続きを取るようにしましょう。
最後までお読みくださりありがとうございます。