結婚相談所の種類とオススメランキングベスト3!

結婚相談所には「仲介・相談型」「データマッチング型」「インターネット型」の3種類があります。

結婚相談所と聞いてどのような光景が目に浮かびますか?
実は結婚相談所には3つのタイプがあり、特徴が異なります。
■仲介・相談型
■データマッチング型
■インターネット型
入会し婚活を始めてすぐに、自分に合わない結婚相談所を選んでしまったことを後悔する人も少なからずいます。

 

こんなはずじゃなかったのにと後悔しないためにもそれぞれの特徴とメリット、デメリットをしっかり押さえましょう。

 

どのような人が合うのかも併せてご紹介します。

 

仲介・相談型の特徴とメリット&デメリット(独身証明書必要)


■特徴
担当スタッフが出会いから結婚までをしっかりサポートしてくれるタイプの結婚相談所です。
合う人を紹介し、会う段取りもつけてくれます。
身だしなみや、会話が苦手な人には会話の仕方のアドバイスなどもしてくれます。
3種類の結婚相談所の中で最もスタッフの手厚いサポートを受けることができます。

 

■メリット

メリット①安全性が高い

独身証明書や学歴証明書の提出を求めるなど入会審査をしっかり行うため相手の正しい情報を得ることができます。

メリット②サポートが手厚い

スタッフが間に入り動いてくれるため楽です。
会うための日程も自分達で調整するのはけっこう面倒くさいものです。
またデートプランを考えなくて良いのも楽ですよね。
実際に会ってみて断りたいと感じた時もスタッフが相手に伝えてくれます。

 

■デメリット
仲介型・相談型の結婚相談所のデメリットは料金が高いことです。
運営会社により差がありますが、一般的には初期費用や成婚費用で少しまとまったお金を納めないといけません。
それぞれ10万円以上になることもあります。
その他に月額費用も発生します。

 

■仲介・相談型をオススメする人
・結婚したいが仕事が忙しい人
・どう進めたら良いか分からない
・異性を自分から誘えない
費用が高いというデメリットはありますが、安全性や手厚いサポートの点から見ると仲介・相談型の結婚相談所は3つの中で最も優れています。

 

データマッチング型の特徴とメリット&デメリット(独身証明書必要)


■特徴
仲介・相談型とインターネット型の中間に位置するタイプの結婚相談所です。
初期費用と月額料金が発生し、成婚費用は取らないところが多いです。
入会時には身分証明書などの提出義務があります。
入会した後は基本的に自分で相手を探し会う約束を取り付けます。
有料オプションに加入すれば担当者からサポートを受けることもできます。
たくさんの会員と出会えるパーティーなどを開催しているところもあります。

 

■メリット

メリット①自分のペースで婚活できる

基本的にパソコンまたはスマホから自分で気に入った相手を探し、仲を深めていくことになります。
自分のペースで婚活することができます。

メリット②登録者数が多い

仲介・相談型の結婚相談所より登録者数が多いです。
仲介・相談型より少し気楽に婚活ができるためです。
登録者数が多いためたくさんの人の中から探すことができます。

 

■デメリット
データマッチング型の結婚相談所は基本的に自分が動くタイプの結婚相談所です。
初期費用や月額費用はそれなりに支払っているのにサポートが薄いと感じる人も多いようです。

 

■データマッチング型をオススメする人

・自分のペースで婚活したい。
・安全性も求めるが、あまり他人から干渉されたくない。
・たくさんの人の中から自分と合う人を自分で探したい。

 

インターネット型の特徴とメリット&デメリット(独身証明書不要)


■特徴
無料で会員登録ができる結婚相談所です。
男性だけ月額料金を取るところもあります。
月額料金も高くても1万円程度と費用を最小限に抑えて婚活することができます。
しかし身分証明書などの提出がないため、中には遊び目的など不純な動機を持つ登録者もいます。
騙されないよう相手を見極める力が必要です。

 

■メリット
インターネット型結婚相談所のメリットは費用が安いことです。
無料、月額料金が発生する場合も数千円程度と仲介・相談型やデータマッチング型と比べると圧倒的に安いです。

 

■デメリット
インターネット型結婚相談所は証明書の提出を義務づけていないところがほとんどです。
安全性の点から考えると3つのタイプの結婚相談所の中で1番リスクがあります。

 

■インターネット型をオススメする人

 

・お金をかけずに婚活がしたい。
・お金をかけずに異性と出会いたい。
・婚活とはどういうものかまずは試してみたい。

 

結婚相談所には「仲介・相談型」「データマッチング型」「インターネット型」の3種類があります。まとめ


いかがでしたか?
結婚相談所には3つのタイプがあります。
安全性を考えた上で婚活をする場合は仲介・相談型もしくはデータマッチング型の結婚相談所がおすすめです。

 

オススメ結婚相談所ランキング!

ここからはランキング形式で独身証明書が必要な信頼度の高い結婚相談所を紹介します。

naco-do(ナコード)の特徴

naco-do(ナコード)は業界最安値のオンライン完結サービス!スマホの結婚相談所です。

naco-do(ナコード)は低価格でありながら、あなた専用のサポーターが付きます。

婚活から結婚まで基本的に同じ人がサポートします。

専任のサポーターと二人三脚で「結婚」というゴールを目指します。

価格 月/9,800円
評価 評価4.5
備考 初期費用0円で結婚相談所をはじめよう!
naco-do(ナコード)の料金

会員数:55,000人

naco-do(ナコード)の費用は月会費のみです。
月会費 1ヶ月プラン9,800円/月「12ヶ月プラン4,000円/月(1年分一括払い)」

エン婚活エージェントの特徴

エン婚活エージェントは来店不要のマッチング型結婚相談所です。

手続きや婚活はオンライン上で行います。
オンライン講座でデート時の身だしなみや会話の仕方などについて学ぶことができます。

価格 月/12,000円
評価 評価5
備考 気軽に安全な婚活ができる!
エン婚活エージェントの料金

エン婚活エージェントの登録者数

男性13330人
女性13912人
エン婚活エージェントの費用
登録料9800円
月会費12000円

パートナーエージェントの特徴

資格を持つ成婚コンシェルジュがあなたの出会いから結婚までをしっかりとサポートしてくれます。

なんと3ヶ月以内にマッチングが成立しなければ登録料全額返金制度もあります。

価格 月額9,000円から
評価 評価4.5
備考 パートナーエージェントは成婚率が3年連続No1の結婚相談所です。
パートナーエージェントの料金

パートナーエージェントには年代や予算により様々な料金プランが組まれています。

スタンダードなプランの料金を紹介します。
一般会員

■登録料 3万円

■初期費用 9万5000円

■成婚料金 5万円

■月額料金 エリアⅠ 1万6000円

       エリアⅡ 1万3000円

結婚相談所に入会する前に気をつけたいこと


結婚は人生最大のイベントの一つです。
そのため安易に考えて入会すると
大切なお金を無駄にすることになりかねないです。

 

くじけない心が必要

結婚相談所では、複数の人を紹介され多くの人と出会います。

 

そして、1度から数回会って付き合うか付き合わないかを決めます。

 

付き合わない場合は「お断り」するわけですが

 

それは、お相手も同じことですね

 

こちらが「その気」になっているのに断られてしまうのは

 

ショックが大きいです。

 

特にお相手が自分の理想よりも「格下」と思える相手なら、なおさら大ショックです。

 

しかし、それは結婚について考え直すチャンスでもあります。

 

断られる場合もあることを覚悟しておいてください。

 

結婚は家庭をもつということ

 

結婚は家庭を持ち子どもを育てる環境を手に入れることでもあります。

 

子どもはかけがえのない命

 

血のつながらない夫婦にとって両方の血を受け継ぐものであり、

 

私にとっては自分の命よりも大切な授かりものです。

 

結婚相手を探すことはあなたの将来を決める人生最大のイベントの一つです。

 

しかし、考えすぎてもいけないし、考えなさすぎてもいけない。

 

結局は神様の思し召しでしょうか?

 

あなたを幸せにするパートナーは身近なところにいるかも知れないし

 

結婚相談所の先にいるかも知れません。

 

あなたの婚活を応援しています。

 

最後までお読みくださりありがとうございます。

更新履歴